2021年のトピック

2021年のトピック

Honda 原点ライブラリー「ホンダの消防二輪車"赤バイ"」

1969 Honda Dream CB350FV

1963年頃、ホンダは他メーカーに先駆けて消防装備を搭載した2輪車の開発に着手していました。
交通渋滞を原因に消防車の到着が遅れてしまうことを懸念し、より小さな消防車で現場に駆けつけ、火災を最小限に抑えることを目的として消火活動ができるバイクが誕生しました。

真っ赤なボディに消防装備を満載!
それがCB350FVです。

ベース車両は、高出力の4ストロークOHC2気筒エンジンを搭載したドリームCB350。
・消化器2本
・無線機
・ナイロンロープ
・リオープ発射銃
・空気マスク(ボンベ、マスク、ホース)
・赤外線火災探知機
・消火栓開栓用工具
これら7つの消防装備が搭載され、出動時には赤色灯や緊急サイレンで周囲に危険を知らせることもできました。
白バイと同様の車両をベースにしたことから「赤バイ」の愛称で呼ばれ、当時は東京や神奈川、古都の文化遺産が多く点在する奈良などに配備されるなど、2輪車特有の機動性を生かした活躍がされていました。

後ろから見たゴツさは圧巻です!
当校で展示している車両は予告なく不定期で変更されます。
なかなかお目にかかれない1台となりますので、是非ご覧になってください!

赤バイ.jpg