HDS(クルマのスクール)

「ドライビングマスタープログラム」

Driving Master Program

「ドライビングマスタープログラム」とは。

①運転知識(交通法規の正しい理解と危険予測及び幅広い安全知識の確認)

②エコ運転(低燃費走行の知識、技術の確認)

③車両コントロール(車両特性を踏まえた運転操作、冷静な判断と集中力の確認)

④車両感覚(適切な安全確認と正確な車両誘導技術、焦りに対するコントロールの確認)


上記4種類のプログラムから運転者の特性、現在の安全運転レベルを判定いたします。結果をもとに、今後の安全運転にご活用いただくことができます。

Driving Master Program 概要

安全運転に必要なスキルの確認と、自身の弱点を把握することで今後必要になるトレーニングを確認していただきます。

~問題点を改善して更なる安全運転者へ~

ドライビングマスタープログラムの目的

①安全運転能力のレベルを等級評価することで、ドライバーの安全運転能力の確認をしていただき、今後の安全運転に活用していただきます。

②運転者自身の安全運転に必要なスキルの確認と、自身の弱点を把握することで、今後必要となるトレーニングを理解していただきます。

③等級化することで、運転者の地位の確立やセーフティドライバーとしてのプライドの向上を図り、更なる安全運転に貢献することを目指します。

ドライビングマスタープログラムの内容

運転者に必要とされる4種類のプログラムから構成されています。

評価表

お試しHMS
4つのプログラムから、運転者の特性を
  • ① ブレーキング
  • ② パイロンスラローム
  • ③ Uターン
  • ④ コーナーリング
  • ⑤ コーススラローム
の5つに分類し、安全運転レベルを評価します。
各項目をチャート図にして、受講者自身のウイークポイントを明確にすることで、今後トレーニングすべき事項とレベルアップ意識を向上させることができます。

Master Levelを確認することで自身が現在どの程度の安全運転能力を有しているのか、また、安全運転管理者目線からは、受講者のLevelを把握することで、社用車の運転認定やトレーナー認定、今後の運転教育に役立てる事ができます。

  • [ トレーナーレベル ]
    初心者を指導できる技術と知識を有するレベル。運転業務はもちろん、後輩の育成に活躍していただけます。
  • [ プロドライバーレベル ]
    運送業務を主な仕事にできるレベル。運転能力は安心できます。
  • [ 営業ドライバーレベル ]
    社用車の運転をすることができるレベル。営業車を運転可能な能力です。ただし、運転時間が多い業務であればトレーニングが必要です。
  • [ 一般ドライバーレベル ]
    通勤・レジャー等、日常の運転ができるレベル。通勤認定は可能な能力です。ただし、社用車の運転にはトレーニングが必要です。
  • [ ビギナーレベル ]
    知識、技術ともに練習が必要なレベル。日常の運転に危険性があります。交通教育センターでの運転研修の受講や、安全運転管理者やトレーナーが同乗指導をする必要があります。

タイムスケジュール

09:30~10:00 受付
10:00~10:30 オリエンテーション・プログラム説明
10:30~11:00 運転知識プログラム
11:00~12:00 エコ運転プログラム
12:00~13:00 昼食
13:00~14:15 車両コントロールプログラム
14:15~15:45 車両感覚運転プログラム
15:45~16:00 講評・等級授与など まとめ
16:00~ 解散

※天候等によりスケジュールを変更することがあります。

  • 対象
    普通自動車の免許をお持ちの方
    (ペーパードライバーの運転練習には不向きです。)
  • 受講料
    16,500円
    (税込み・昼食代込)
  • お申込み方法
    インターネット、お電話又は直接受付
  • 問い合わせ先
    交通教育センターレインボー浜名湖
    (TEL.053-527-1131)

安全運転研修・セーフティスクールは、
ホンダグループの交通教育センターレインボー浜名湖へ
交通教育センターレインボー浜名湖
〒431-1305 静岡県浜松市北区細江町気賀5200-5

TEL:053-527-1131TEL:053-527-1131
FAX:053-527-2232