自動車教習所の選び方

2~3週間の過ごす場所ですので、教習所の施設のほか、延泊の保証内容や宿泊先の寮や旅館の充実度もチェックしてください。

保証内容

多くの教習所が料金は明確に表示していますが、条件により料金が掛かる場合は、別途で表示されています。

例えば、合宿制特有の延泊料金。最短日数でスケジュールが組まれている関係上、予備日が余りありません。その為、技能教習が最短で進まなかった場合や学科試験や技能検定に不合格してしまった、寝坊により教習が受けられなかったなどの場合、予定していた宿泊日数を超える事があります。この場合、延泊(1日~3日)が必要となり延泊料金(1泊3,000円~10,000円程度)が掛かります。

そこで教習所によっては、○日までの延泊は追加料金が掛からないなどの保証付きのところもあります。
ただし、個人的なミス等(遅刻や寝坊、病気など)で教習が受けられなかった場合の延泊や急用での一時帰宅による延泊、その際の往復交通費は保証外になる場合もあります。どこまで保証されるかも良く確認してください。

10人に1~2人が1日以上、延泊されているようです。ですから単純な金額の差だけではなく、延泊の保証日数や一時帰宅の際の保証も調べることも重要です。
なお、延泊が発生した場合には、それまで利用していた宿舎や部屋タイプの変更の可能性もあります。

卒業予定日

多くの方が延泊なしで予定通り卒業しているようですが、100%ではないようです。約15%程度の方が1日以上の延泊をされているようですので、卒業予定日にプラス2日間ほどの余裕を持って行かれてください。