自動車教習所の選び方

まず、教習所は大きく3つに分けられます。

  • 公安委員会から指定を受けている指定自動車教習所
  • 公安委員会へ届出をしている届出自動車教習所
  • 上記以外の自動車練習施設

以上の3種類があり、この中で、唯一、指定自動車教習所の卒業生だけが試験場での2つの実地試験(技能試験)が免除されます。

  • 指定自動車教習所とは?
  • 指定自動車教習所は自動車運転教育を行っている施設のうち、公安委員会の3つの基準に適合している自動車教習所が「指定自動車教習所」です。


    公認と表記されている教習所も指定自動車教習所で、名称はモータースクール、自動車学校、自動車教習所など様々でこのマークが表示されている教習所は、全て指定自動車教習所です。


    指定自動車教習所では道路交通法に定められた施設(コース・車両)やカリキュラムに沿って教習を進めることにより、困難と言われている試験場での2つの実地試験(技能試験)の免除*が卒業生には与えられ、試験場では視力などの適性試験と学科試験に合格すれば、運転免許を取得することができます。
    なお、学科試験を1回で合格すれば、試験場へ行く回数は1回で済みます。
    • 教習所にて同等の内容を走りなれた教習車両とコースで実施します。

    【3つの基準】
    • 1:資格のある指導員(人的基準)が配置されていること。
    • 2:コースの面積や作り方、学科を勉強する教室(物的基準)があること。
    • 3:その他の教習の内容等(運営基準)が道路交通法令の定める基準に適合していること。
  • 指定以外の自動車教習所【(2)届出自動車教習所(3)自動車練習施設】とは?
  • 自動車教習所には公安委員会の指定を受けていない自動車教習所があります。こちらも名称は自動車学校や自動車練習場など様々です。


    運転未経験の方が、いきなり試験場での合格は極めて困難です。そこで教習所の中には試験場でチャレンジされる方への教習所がりあり、教習所の所有する所内コースや教習所の周辺道路にて練習を重ね、試験場での試験に備えます。


    指定自動車教習所とは違い、実地試験が免除されることはなく、あくまでも試験は全て直接、試験場で受験します。


    その為、合格まで平日に試験場へ幾度か足を運ばなければなりませんので、平日にあまり休みが取れない方は、教習所での練習日も含め計画的な利用をお薦めします。